自分に自信が持てなくても、自分らしく思うままに生きよう。

災害募金を少額だけして、家族にドヤ顔してる自分に笑っちゃうわって話★

2018年の梅雨が来た!!我が家のダニ対策はもちろん掃除機!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。 結婚を機に仕事を辞め、引っ越し→辞めたことを後悔。 喪失感と産後うつ状態になり、自分の生きる意味がわからなくなる。 結婚して子供がいても、もっと自分のことをそのまま認めて自分らしく生きられる人を増やしたい!と思っています。
詳しいプロフィールはこちら

6月と言えば梅雨。雨のシーズンです。

 

「梅雨入り」と聞けば何を想像しますか?
私は…  掃除機かけを想像するようになりました。

 

 

我が家では家族がアレルギー持ちなので、梅雨と言えば、気になるのがダニの存在です。

 

主人がアトピーなので症状が出てくるようになります。

 

「そろそろやらないと…」とか、のんびり考えていたら、朝、主人が首を触っていて、聞くと「かゆくて寝られなかった」と。

 

「これはやらないと!!」となって、我が家のダニ対策である、めちゃくちゃ念入りな掃除機かけを実行したのです。

 

今回はその話。

 

梅雨のダニ対策も、絶対に掃除機が効果的だ!!

2018年の今年、関西では6月6日に梅雨入りをしました。

「あぁ、そろそろダニのシーズンだな…。ベッドに掃除機かけなきゃ…。」とのんびり考えていたら、早急にしないといけないことに気がつきました。

 

夜中…というか早朝5時ごろ、目を覚ますと、何やら音がするのです。

 

パチン、パチン…

 

……ん?爪切り??

 

こんなに早朝に爪切りって、今まで起きてたってこと??(主人が)

 

 

その時はそのまま寝て、起きだしてから主人に聞いてみると、体がかゆくて寝られなくてかいてたら痛いから爪を切っていた…とのこと。

 

あぁ、そろそろダニが動き始めたか!!

 

 

そう思った私は、掃除機作戦を実行することにしたのです。

 

 

アトピーやぜんそくのなどのアレルゲン対策は掃除機。

うちの主人はアトピーと喘息持ちです。原因になるものがあるとすぐに出てきやすい。

 

それでまぁ、そういったアレルギーの人のためのものって薬を含めて対策がいろいろあるのですが、私のこれまで見てきた中では、掃除機での対策が最強です。

 

とにかく掃除機をかけておくのが良い。

 

過去にもこんな経緯でめっちゃ掃除機かけたりしたのですが。

 

いろいろと紹介されている対策はあるのですが、私の中ではとにかく掃除機が最強なんです。

 

「シーツを交換する」とかも言うけれど、ぶっちゃけそれよりも掃除機!!

 

しかも普通に掃除機をかけるんじゃありません。

執拗にかける…という感じ。

 

 

ぜんそくやアトピーが起こる原因のダニをとにかく吸い取る

まず、アトピーとか喘息というものはアレルギー物質に反応して起こっているんですよね。

 

それをなくしたければ、原因になっているアレルギー物質を除去するのが一番。

 

我が家でアレルギーの原因になっているダニを含めたハウスダストです。(花粉もありますが。)

中でもダニは、湿度が高くて暖かいところが好き。

 

なので、梅雨時になるとおそらく一気に活動を始めるのです。

 

寒くて乾燥しているところだとそんなに増えないらしい。

 

なので、布団乾燥機をしたり、お布団を天日干しにしたりすることで乾燥させてダニを増やさない方法や、退治してしまう方法もあるのです。

 

ですが、布団を乾燥させただけだと退治したダニが残ってしまうんですよね。

残ってしまうとアレルギーを起こしてしまうので、やっぱり掃除機は必要。

 

それで、布団乾燥機とか天日干しをして、乾燥させてから掃除機をかけることが王道の方法です。

 

ですが、ぶっちゃけ、掃除機だけでもいけることに気がついたのです。

 

つまり、乾燥させてもさせなくても、アレルギー物質を吸い取って除去してしまえば、それでOK。

 

もちろん、乾燥させた方が気持ちが良いので天日干しにしたり、布団乾燥機を使ったらもっと快適なんですけどね。

 

だけど、乾燥させるだけにするか、掃除機かけるだけにするか、どちらが大切か、という選択肢であれば、確実に、掃除機です。

 

吸引力の強い掃除機を使って念入りに掃除機をかけることで、生きている元気なダニも除去することができているようなのです。

 

しっかり吸い出すことで、布団の中の方にいるダニも吸引できているようです。

なぜなら、明らかにアトピーの症状が違います。

 

 

スポンサーリンク
   

掃除機大作戦を実行した

というわけで掃除機大作戦を実行しました。

 

一つのベッドを掃除機かけるのにかけている時間は30分以上です。

もう、本当に執拗に吸い出すイメージです。

 

掃除機を少しずつずらしながら、丁寧に掃除機をかけていきます。

 

布団圧縮袋で圧縮するようなイメージで吸い込んでいきます。

 

なので、外で干してふかふかになったお布団は、私の掃除機作戦の影響で、ぺちゃんこになってしまったりします。

 

せっかくふかふかになったのにね。

 

 

それでも、ダニがいなくなって、ぜんそくやアトピーとおさらばできる方が良い、と、思っています。

 

冬の掛け布団なんかは表も裏も、じっくり吸い込むので、あっという間にぺちゃんこです。

吸い込んだ後の布団はものすごくぺちゃんこです。でも、しばらくすると戻ってくるので、「まぁ良いか」と思って毎回ぺちゃんこになるお布団を見ています。

 

汗をかきながら、掛布団やベッドのマットを掃除機をかけていると、まるで自分は職人のような気分。汗をかきながら一生懸命掃除機かけてます。

 

吸い終わった掃除機の中には、とても粒子の細かい粉のようなものが入っていて、それを見ると、「めっちゃ取れたな…」と満足した気分になります。

 

そう、まさに、一仕事終えた後の爽快感、みたいな?「任務完了!!」という気分。

 

ちなみに、私が使っているのは三菱電機の掃除機。

古いタイプの掃除機なので、もう販売していませんが、最近のはもっと吸引力が強いのかもしれません。

 

次に購入するなら、これかな…。

 

三菱電機の掃除機は、スティックタイプのもので空気清浄機にも、布団掃除用にもなるタイプのものもあってとても魅力的なのですが、私のように執拗に…というか長時間掃除機をかけるのであれば、やっぱりコードレスだと…。30分働いてくれても、布団ひとセットぐらいしかかけられないので、通常のタイプを使っています。

 

空気清浄機にもなるという、スティックタイプはこちら

 

すぐに使える場所においておけるところが良いなぁって思う。

やっぱ、出してくるのとかがおっくうに感じちゃったりするんですよね…。

 

リビングにあったら良いな…。

 

結論。やっぱり掃除機は最強だった

掃除機作戦を済ませた日から、主人は痒がることなく朝まで寝ることができているようです。

 

私のおかげで、ゆっくり寝られるようになって良かったね!
(職人やからね)

 

 

結婚する前は、主人はステロイド系(そこそこ強い)の軟膏なしでは生活できないぐらいアトピー持ちの人でした。(薬を使っていたのでひどくないように見えていたけれど。)

 

 

結婚した当初、この掃除機作戦をあみだす前まではステロイド系の軟膏を使わないとものすごいアトピーが出てきて大変だったんです。(詐欺かと思うぐらいよ…💦)

 

こんなにもアトピーがひどい人だったって言うことに驚いたぐらい。

 

でも、掃除機作戦をあみだしてからは、ステロイド系の軟膏を使うことなく、普通に過ごせているので、本当に良かったなぁと思っています。

 

薬を使ったらダメだとは思わないけれど、なしでいけるのならば、なしですごせるほうが良いと思うタイプなので。

 

気になった方、おススメですよ~。試してみてください!

 

それでは!

土出麻美つちでまみでした!

 

またね!

 

 

<スポンサードリンク>
【高品質】布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」


 

この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。 結婚を機に仕事を辞め、引っ越し→辞めたことを後悔。 喪失感と産後うつ状態になり、自分の生きる意味がわからなくなる。 結婚して子供がいても、もっと自分のことをそのまま認めて自分らしく生きられる人を増やしたい!と思っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2018 All Rights Reserved.