自分に自信が持てなくても、自分らしく思うままに生きよう。

オンラインサロン(コミュニティ・まみファン会)募集してます。

私がシフォンケーキが作れるようになったきっかけは寂しい話だった

 







この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。 結婚を機に仕事を辞め、引っ越し→辞めたことを後悔。 喪失感と産後うつ状態になり、自分の生きる意味がわからなくなる。 結婚して子供がいても、もっと自分のことをそのまま認めて自分らしく生きられる人を増やしたい!と思っています。
詳しいプロフィールはこちら

昨日、久々にシフォンケーキを作りました。

 

昔はよく作っていて、長いこと作っていなかったのです。

 

それが、ちょうど思い出すきっかけがあったときに、家にお菓子がなくて、下の子が「なんか食べたい~」というので作ることにしたんです。

 

と言っても、シフォンケーキはサッと作ってすぐに食べられるものではないのですが、手作りお菓子ということにとってもよろこんでしました。

 

シフォンケーキは、私でも、だいたい分量と作り方を覚えていて、レシピを検索しなくても作れるお菓子です。

 

でも、実はこうなったきっかけには笑えないエピソードが…。

今回はそんな話を紹介しようかな…と思っています。

 

シフォンケーキが作れるようになったきっかけの話。

私は特にお菓子作りが得意な人間ではありません。

 

よくお菓子を作るわけでもなく、料理が好きなわけでもない。

 

でも、シフォンケーキはレシピを見て、分量を確認しなくても作ることができます。

 

これにはきっかけがあって、その話は今よりももっと、私が一人ぼっちで、孤独を感じていた時の話。

 

そう、まだまだ、一人苦しみの中でもがいていた時の話です。

 

 

自分のことを思ってくれる人がいない、一人ぼっちの誕生日

今よりも昔、今よりもずっと一人ぼっちで、いつも孤独だったころの話。

 

まだ子どもたちが小さくて、一人で二人の子どもたちのことを見ながら育児、家事に追われていたんですよね。

 

でも、一人ぼっちだったんです。
一人ぼっちで戦ってた。

 

誰も味方がいない…そう感じていた時。

 

誕生日だったんです。私の。

 

でも、一人ぼっちだったから。

 

いえ、もちろん普通に主人とも暮らしていたし、子どもたちもいた。

でも、心は一人ぼっちで…。

 

正しく言えば、自分で一人ぼっちと思って決めつけていたんですけどね。

 

誕生日と言っても、他の家族の誕生日だったら私が何かするけれど、自分の誕生日。

誰も祝ってくれる人はいなくて、ケーキもない。

寂しいなぁって思って。

 

「そうだ、自分でケーキ作ろう。」

 

そう思ったのがきっかけです。

 

検索してみて、家にあるもので簡単に作れそうだったケーキ。

それが私が今でも作れるシフォンケーキでした。

 

それがシフォンケーキを始めて作るようになったきっかけ。

 

一人ぼっちで寂しくて、何もない自分がかわいそうに思えて作ったんですよね。

 

予想外に子どもたちがめちゃくちゃ喜んだ

作ってみたケーキは、子どもたちがめちゃくちゃ喜んだんですよね。

 

それで、「また作って」って言われて作るようになった。

 

しょっちゅうしょっちゅう作るようになって…。

いつの間にか、分量も作り方も覚えてしまった。

 

私が寂しさから自分を助けようとするために作ってみたケーキは、いつしか、他の人にプレゼントしてみたり、ちょくちょく作るケーキになっていました。

 

しばらく作らなくなっていたケーキ

とても子供たちが喜んでいたケーキは、良く作っているとさすがにだんだん飽きてくるようになって、作らなくなり、もうずっと、作っていませんでした。

 

時は流れ、一番最初に作ったころから、ずいぶん私自身が変わりました。

 

自分を一人ぼっちだと、思わなくなっていました。

ケーキがなくても、特に気にならないようになっています。

 

というか、子どもたちが大きくなって、私の誕生日を覚えてくれている。

 

ひさびさに作ったケーキは、ずいぶん長い間作っていなかったけれど、何も見ずに作ることができて、とても久しぶりに子どもたちがとても喜んでいました。

 

私は久しぶりに作ってみて、最初に作った時のことを思い出して、ずいぶん変わったなぁとしみじみ…。

あの頃は本当に一人ぼっちで、寂しくて、一人ですべてをやってどうにか一人で生きていけるようにならなければ…と思っていました。

 

今でこそ、主人は自分の味方で、私のやりたいことを理解してくれて、好きに活動させてくれている人、という認識があります。

 

でも、当時はそうじゃなくて、敵だったなぁ…と。

 

周囲に敵しかいない。そんな感覚だったように思うんです。

 

 

今でもまだ、怖くなることがある。

ずいぶん変わった、とは言っても、今でもまだ、怖くなることがります。

自分が一人ぼっちのように感じたり、一人になるんじゃないかって思うことがある。

それでも、昔を思えばずいぶんそうじゃなくなって、幸せになったなぁ…と、シフォンケーキは昔を思い出す一つのシンボルになりました。

 

それでも、人は自分の心次第でずいぶん変われるものなんだなぁと、自分の経験をもって思う。

 

自分がどう見るかで世界は大きく変わる。

 

きっと変えられない世界なんてないんじゃないかな?

世界は自分がどんな風に見るかでまったく違う色にうつるんだと、そう思うんです。

 

 

なかなか思う色に変えられなくても少しずつ、受け入れていけば良い

「人生はなかなか思うようにいかない」多くの人はそう思っていると思います。

私自身もまだまだ思うように進んでいる!とは思えない。

だけど、自分がどう見るか、という、とてもシンプルなことだけで、自分が見える世界が変わって、それだけで苦しい気持ちから解放される、という事実はわかった。

 

だからね、もっと多くの「苦しさから解放されたい」と思っている人が、世界の見方を変えることができて、苦しみから解放されて、穏やかに生きられるようになったら良いなって、そう思うんです。

 

こんな、昔を思い出すシフォンケーキ。

 

子どもたちが喜ぶ、シフォンケーキ。

 

また作ろうかなって思います。

そう言えば、もうすぐ私の誕生日だ。

シフォンケーキ、作ろうかな。

 

というわけで、シフォンケーキを作り始めたきっかけの、ちょっと寂しいエピソードでした。

 

それでは!!

土出麻美つちでまみでした!

 

またね!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。 結婚を機に仕事を辞め、引っ越し→辞めたことを後悔。 喪失感と産後うつ状態になり、自分の生きる意味がわからなくなる。 結婚して子供がいても、もっと自分のことをそのまま認めて自分らしく生きられる人を増やしたい!と思っています。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2018 All Rights Reserved.