2017/09/21

「思考は現実化する」の仕組みを理解して願いを叶えるために

 

この記事を書いている人 - WRITER -

小学生2人を子育て中の主婦です。
マイペース。
いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

詳しいプロフィールはこちら

よく聞く「思考は現実化する」って実は思考(信じていること)がこれから現実になるってより今の思考(信じていること)が今の現実の方が多い。

こんにちは。あなたは「思考は現実化する」という言葉は聞いたことがありますか?多分、聞いたことがない人の方が少ないんじゃないかなって思うのですが、どうでしょう?

 

この、「思考は現実化する」って今考えたこと…つまり、今の思考がこれから未来に起こってきて現実化するという意味だと思っている人が多いと思うんです。でも、これは実は多くの場合、今の思考や信じていることがたった今の現実である、という場合の方が多いと思うんですよ。

 

「思考は現実化する」っていうよりも、「思考は現実化している」というか、もっとかみ砕いていえば「信じていること=現実」と言ったほうが理解しやすいんじゃないかな?と思うんですよね。

 

よくいる「引き寄せが起こらない」って言っている人ってそれがきちんと腑に落ちていなくて理解できていないから「引き寄せが起こらない~!」ってなっているんじゃないかな?

 

現実に起こっていることのほとんどが「自分の信じていること」である。それが「思考は現実化する」とか「引き寄せの法則」の根本的な解釈だと思うんですよ。

 

じゃあ、願いをどんどんかなえている引き寄せをしている人は何なの~?とか、「思考は現実化する」って未来に起こってくるんじゃないの?って人のための記事を、今日は書いていきたいと思っています。

 

「思考は現実化する」とは

多分、最初に出てきたときは衝撃的過ぎた「思考は現実化する」って言う言葉、それはそれの本質がどうとか詳しく知られることなく広がったことだと思うんですよね。

 

その言葉だけだったら「思考」つまり、考えたことはこれから現実に起こっていく、という意味になるんですが、これってその意味通りになることは実は少ないことだと思うんですよ。少なくないんだったらすでに当たり前のことだから。

 

これは実際は多くが「思考=現実」つまり、今考えていること、信じていることと現実は常に「イコール」であるということ。今、あなたが信じていることと、現実が同じ。

 

あなたが女性だったとしてあなたが「私は女性だ」と信じていて、現実も女性、という、イコールであることがほとんどなんですよ。あなたが「今日は良い天気だ」って思っているとして、外の天気が良い。とか。すべてイコールです。

 

「そんなん当たり前やん!」って言われそう。でも、そういうことなんです。

 

あなたが優しいと思っている人は現実でも優しい。あなたの思うことと現実は常にイコールです。でも、あなたの思っていることと他人の思っていることは違うので、あなたが優しいと思っている人が他の人の現実では「イヤな人」ってこともあるんですけどね。

 

あたり前ですよね。

 

思考と現実は常にイコールで進んでいく。じゃ、願いをかなえる人は?

思考と現実は常にイコールであって、イコールのままで進んでいくのです。でも、みんな同じに思考と現実がイコール、つまり平行して進行していっている中で、どんどん願いをかなえていく人がいますね。

 

どんどん思考を現実にできる人とか、引き寄せをどんどん起こしていく人がいる。それってなんで?願いをかなえる方法じゃないの?って思うでしょうね。思考と現実の並行している流れにうまく乗れている人たちですよね。

 

流れに乗って願いをかなえている人たちっていうのは、願いをかなえているようで先にあることが願いとして出てきているというか、未来に現実となる思考と今の思いが同じになっている、ということだと思うんですよ。

 

もうちょっとわかりやすく説明しますね。

 

人には未来を予測するひらめきがある

人には未来を予測するようなひらめきがあると思うんですよ。「未来を予測する」って表現してしまったら、なんだか特殊能力みたいなんですが、そんな特殊なことじゃなくて、もっと自然に誰にでも経験があること。もっと一般的な言い方をしたら「予感」ってやつですね。

 

たとえば、「なんかイヤな予感がする」とか、「なんか良い予感がする」とか。「絶対にこうなると思った~!!」とか、「そんな風になりそうな気がした。」とか。あなたにも一回は心当たりあるんじゃないですか?多分、全くない人っていないと思うんですよ。

 

誰にでもある予感とか、カンみたいなもの。それって未来…つまりこれから起こることとリンクしているんですね。そして、思考を現実化させることとか願いを引き寄せることがどんどんできる人っていうのは、その予感とかひらめきの部分とその人が叶えたいと思っていることとがうまく融合されているんですよ。だから、願いが叶っていく。

 

逆に、「どんなに強く願っても、どんなに引き寄せようとしても、現実にならない」って人は現実と思考が平行の状態のままで、予感とかひらめきとかの部分は別になっているから、「願っている思考」と「願っているという現実」が並行で起こっているんです。

 

イコールで進んでいるから、「思考は現実」はやっぱりあたり前に起こっているんですね。でも、願っている本人からしたら、「全然起こらない!!」となるけれど。

 

「これから起こること」と「今願うこと」とをリンクさせていくことが願いをかなえる

これから起こることと今願っていることがリンクされると願いが叶うんですね。今願っていることをこれから起こることにして、思考と現実がイコールで願いが叶っている状態を起こすんです。その方法の1つがアファメーションであったり、引き寄せの法則であったりだと思うんです。

 

それがうまくいく人はどんどんうまくいってどんどん願いを叶えていく。

 

じゃ、全然引き寄せを起こせない人はどうしたら良いんだ~!!ってなりますよね。そのヒントは前にも述べた、「予感やひらめきの部分と叶えたい願いの融合」にあるんじゃないかなって考えています。

 

予感やひらめきのとの融合ってどういうことよ?って話ですよね。なのでここからはその話。

 

ひらめきと願いの融合って何?

ひらめきと願いの融合って何よ?わけわからん!!と思っているあなた、本とそうです。わけがわからないですよね。

 

本当は融合ってよりもひらめきと願いは同じものであることがもともとの状態なんですよ。ひらめきっていうのは本当のあなた自身の思いであるんですよね、だから、本当の願いは本当のあなたの思いであるはずだから、ひらめきと本当の願いは同じであるはずなんですね。

 

だから、もともとひらめきと願いが同じ人はもともと融合していて願いが叶っていくんです。じゃ、なかなかかなわない願いは?それは、本当の願いとずれている可能性があるってこと。

 

だから、ひらめきと願いを融合させるってことは、本当のあなたの願いとあなたがつながっていくって言うことなんです。

 

自分の感覚を感じてひらめきを強化することで本当の願いとつながる

あなたの普段考えている思考っていうのはほとんどが過去の経験からきているものなんですね。そしてたまに起こる、急にひらめくものだったり、感覚的に「なんとなくこうだな」って思うことが実は、本当のあなたの思いなんです。

 

だから、感覚的に「なんとなくこうだな」っていうのをもっとしっかり感じられるようになることで本当の願いを感じることができるようになっていくんです。

 

だから、普段から五感をはじめとした感覚を感じることと、なんとなくひらめいたことを見逃さないように気を付けておくことが結果的に願いを叶えていくことにつながるってことです。

 

自分に不満を感じているとうまく本当の感覚をつかみにくい

もしもあなたがあなた自身に不満や不足感を感じていたら、それは本当の願いとつながる邪魔になるかもしれません。

 

なぜなら、その不満や不足感を埋める方に意識がいきすぎて、願いが不足を埋めるためのものになってしまうからです。

 

その願いはあなたの本当の願いではなくて、あなたの感じている不足を埋めたい思いです。つまり、その願いは願いではなくて、裏にある「不足感を埋めたい」が本当の気持ち。しかも、それはあなたの本当の思いからのものではなくて、過去の経験からの思考の部分なんです。なぜなら、感じている不満感や不足感が過去からの経験で起こっている思考だから。

 

なので、不満感や不足感から解放されることを先にした方が良いんです。

 

不満感や不足感から解放されるためには

不満感や不足感から解放されるためには、そのままのあなたをまるっと認めることが一番だと思います。

 

世の中にあふれている癒しだったりセラピーだったりっていうのは結局、自分を認めるつまり、自己受容のためにあるものだっと思うんですね。そのための方法がいろいろある。

 

でね、私が思うに、結局は自分を認めて受け入れることができたら良いんだと思うんですね。そこに行けるならどの方法でも良いんですが、私個人的にはもうそのまま「私はこれ。これで良い」って繰り返し思うことでもそこに行けると思うんですよ。

 

だから、「不足を感じている私。それも良い。こんな私だから良いんだ。」って思うこと。「こうなりたいって思っているけどなれていない私、だからこそ魅力的なんだ」とかね。普通はダメだって思ってしまうような部分も全部自分、それがあるから自分で、それがあるから良いって思うんですよ。

 

「イヤだ」って思っても繰り返し、「こういうとこイヤって思うけど、だから良いんだ」って。「こうだからダメなんだ」って思うんじゃなくて。

 

何度も何度もあなたを許して受け入れて、抱きしめる…みたいな。繰り返してたら、だんだん不足感が抜けてくる。気がついたらそう考えなくなっていく。

 

自分に対する不足感を解放して感覚をつかめるようになったら願いが叶う

そうやって繰り返し自分のことを認めることを続けていったら、自然とだんだん変わってくるんですよ。不足感が消えていくんです。

 

そうするとあとは感覚とかひらめきをつかんで自分の本当の願いを知ることができるようになる。あとは願いが叶っていくようになる。

 

そういう流れなんですね。

 

どこかがうまくいってなくてもできないことはないと思うんですが、それが一番スムーズに変えられる方法だと思いますよ。

 

これなら、自己否定感が強くても、セルフイメージが低くても、ただ認めるだけであなたの本当に実現したいことを実現していくことができるようになるんです。

 

すごいでしょ!!

 

「思考は現実化する」の勘違い

「思考は現実化する」と聞いた時に、考えたことがこれから起こるんだ!!というように理解してしまうことがややこしくなっている原因なんじゃないかなって思っています。そう、それって実は勘違いで、本当は思考とか信じていることはいつも現実であって、それらは常にイコールなんだってわかっていたら、もっと変わるんじゃないかな?

 

そこが理解できていないのと理解できているので現実は変わってくるんじゃないかな?

 

余談 ~この記事のきっかけ

この記事を書くことにしたきっかけは、私が他の人に対してなんでだろうって感じているご門gああったんです。それがあぁ、こういうことか!って気がついたからなんです。

 

私がしているパート先でね、別の職種の人が他の職種に対して「融通がきかせられて良い」と言っているのをみて、私から見たらその人の仕事も別に融通を聞かせてもらえると思うんですよ。それで、なんでだろうって。

 

別に他の人たちがめちゃくちゃ勝手にしているとかじゃなくて、「体調が…」とか「どうしても用事が…」なんですよね。だから、「融通が…」と言っていた人も当然そういった理由があれば融通を聞かせてもらえるんです。

 

なので、ものすごく責任感が強いのかなぁとか思ってたんですが、実際は、その人が「私は融通をきかせてもらえない」と信じているからなんですね。もちろん、責任感が強いのもあるでしょう。

 

それでも、「融通がきかせてもらえる」と信じている私から見れば、その人が急に休みになっても他の人たちでフォローして回せるんです。

 

つまり、人それぞれ、その人が信じる世界がその人の現実として目の前に現れているんです。常に、イコールでね。

 

だから、この「思考と現実は常にイコール」という記事を書くことにしたんです。

 

この記事を読んでうまく願いを叶えていける人がたくさん表れてくれたらうれしいです。

 

土出麻美(つちでまみ)

 

何かを作ったりするの、好きです。

 

 

 

 

「悩んでいることがあるけど、誰に相談したら良いのかわからない…」

そんな悩み、ありませんか?ゆっくり相談できる場所を作ってみました。

あなたの悩み、聞かせてね。

のぞいてみてね。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

小学生2人を子育て中の主婦です。
マイペース。
いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2017 All Rights Reserved.