2017/06/08

感情を我慢して蓄積しない。伝えて解放が大切

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小学生2人を子育て中の主婦です。 マイペース。 いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

 

 

みなさんこんにちは!

あなたも家族も幸せ笑顔でいっぱいにする

幸せ笑顔にセラピスト土出麻美です。

 

 

今日は我慢した気持ちについてです。

 

 

前回の記事

「少しの我慢が重なって大きな不満になる」

というお話をしました。

 

 

 

なぜ我慢をしてしまうのか、

我慢することでどういうことになってしまうのか

についてお話したいと思います。

 

 

 

気持ちは我慢すると残る

 

私たちが普段感じる気持ちには、

大きく分けて

「うれしい」「楽しい」などのポジティブな感情と、

「悲しい」「苦しい」などのネガティブな感情がありますね。

 

 

 

 

「うれしい」「楽しい」などのポジティブな感情って

その時存分に楽しみますが、

「悲しい」「苦しい」などのネガティブな感情って

我慢したり、押し込めたりしがちですよね。

 

 

 

 

ポジティブな感情って自分が気持ちいいから

「良いもの」というイメージがあって、

ネガティブな感情は苦しいから

「悪いもの」というイメージがあるからです。

 

 

 

 

だから、

ネガティブな感情は感じないようにしたり

我慢したりして押し込めてしまいます。

 

 

 

 

でも、本当は感情に良い、悪いはなくて

どれもその時に必要なものなんです。

 

 

 

 

そして、

そのどの感情も我慢したりしない方が良いんです。

 

 

 

でも、

「悪いもの」というイメージのあるネガティブな感情は、

我慢したり感じないようにして心の中にためてしまいがちです。

 

 

 

感情って目に見えなくて形もないので、

我慢や感じないようにしていたら

そのままなくなってしまいそうな気がしますよね。

 

 

 

でも、

実は、解放してしまわないと

心の奥に残っていってしまうんです

 

 

 

そうやって心の中に残っていった

我慢やイヤな思いは小さなものも、ちょっと大きなものも

どんどん残っていって大きくなっていってしまいます。

 

 

あなたの中で蓄積されていってしまうんですね。

 

 

 

ですので、

悲しい苦しい、というネガティブな感情も

その時に我慢して溜め込まない方が良いんです。

 

 

 

セッションで流す涙は我慢した気持ち 

 

カウンセリングやヒプノセラピーをしていると

途中で泣いてしまう人が多くいます。

 

 

 

それは、

いつかの我慢した気持ちが出てきているんです。

 

 

 

 

本当はその時、苦しかったんですよね。

 

本当は泣きたかった。

 

「イヤだ」って言いたかった。

 

苦しかった。

 

 

 

でも、

その時はそれができなくて、

「しちゃいけない」

と思って我慢した。

 

 

 

それは

その時抑えて我慢した方が良い

と思ったから我慢したんです。

 

 

 

でも、

その小さな我慢は少しずつ、

でも確実にどんどん膨らんで、

大きな苦しみ、痛みに変わっていってしまったんです。

 

 

我慢して心の奥でずっと持ってしまっていたから。

 

 

その我慢が

どんどん自分の行動にも影響が出るようになっていって

行動ができなくなって、

そんな自分がまたイヤに思えて苦しくなって・・・

 

 

 

いつの間にか笑っていても

本当に心から笑えているのかわからなくなって。

 

 

 

 

「本当の自分はこうじゃないのに」

って思うのに自分のやりたいようにできない。

 

 

 

そんな、

「思うように動けないもどかしさ」と、

小さな苦しい種だったはずの苦しみが

涙になって出てきているのです。

 

 

 

 

なので、

カウンセリングの途中や、

ヒプノセラピーの途中で泣いてしまうのは

そんな自分の中の苦しい感情を

外に出して流してしまう涙なんです。

 

 

 

あなたの中に残ってしまっていた、

あなたの邪魔になってしまっている、

もういらない苦しみなんです

 

 

 

だから、

あなたは泣きたいだけ泣くことが大切なんです

 

 

泣くこと我慢したら、

また、苦しみが残ってしまうから。

 

 

全部流して解放してしまいましょう

 

 

 

セッション中の涙は

次への新しいステップを踏み出すための涙。

 

 

あなたの本当の笑顔を取り戻すための涙。

 

 

 

感情をためてしまわまないために 

 

涙を流した後は、

もうためてしまわないようにすることが大切です。

 

 

もちろん生活していく中で

いつでもどこでも感情を爆発させることはできません。

 

 

その時は我慢が必要なこともある。

 

 

でも、

それを積み重ねるのではなく、

その時は我慢したとしても、

パートナーや身近な人に思いを伝えて

協力してもらったり、

解決方法を一緒に考えてもらったりすることが大切です

 

 

すぐに解決方法が見つからなかったとしても

話すだけでも随分と違うはずです

 

 

 

小さな我慢も大きな我慢もせずに、

その時その時に解放していくことが大切です。

 

 

そのためにも、

普段から家族やパートナーに思いを伝えることから始めましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小学生2人を子育て中の主婦です。 マイペース。 いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2015 All Rights Reserved.