2017/09/21

陰口とか悪口を言われている気がする…。不安な気持ちになったなら

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小学生2人を子育て中の主婦です。 マイペース。 いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

なんか、悪口言われているような気がして不安な気持ちになるんだよね…ってあなたに読んでほしいこと。

人と関わっているとね、なんか、不安な気持ちになるときありませんか?

ちょっとしたことを言った時、相手の表情を見たら「あれ?もしかしたら怒らせちゃったかな?」って思ったりとか。

何も悪いことしたつもりないのに、なんか文句言われているみたいだ…とか。

 

なんか、そうやって気にしていくと、本当はそうじゃないことも気になり始めたりするんですよね。

本当はそんなこと言われているわけじゃないのに、もしかしたら言われているんじゃないかなって思ったりしちゃう。だんだん怖くなって、周りの人の顔色ばかりうかがっちゃう。

 

「そんなこと気にしなくて良いよ。」って言われたって気になるものは気になるし、不安なものは不安なんだもん。

そんな風に、思っているあなたに伝えたいこと。今回はこれをテーマにしました。

 

陰口・悪口言われてるんじゃないかって思うと苦しくなるんだ

なんかね…。もしかしたら自分の悪口とか陰口言われてるんじゃないかって思うと苦しくなってくるんだ…。

あなたはそう思っているのかもしれません。

 

ようは自分のいないところ、つまり陰で自分のこと悪く言われてるんじゃないかなって思うってこと。悪く言われているんだったらイヤだなって心が苦しくなるんですよね。

 

わかる。

私も、結構すぐにそんな風に思うタイプでした。「でした。」っていうのは、そこから抜け出してきたから。だからあなたも抜け出せる。

 

自分のことを悪く言われる不安から抜け出そう

自分のいないところで自分のこと悪く言われるのって、やっぱ嫌ですよね。うれしくない。そんなこと言われたくない。

 

だからって言われることを避けようとがんばっても何か自分が苦しくなる。良い顔しようとしているのに、良い人でいるようにしてるはずなのに…。

そうやって頑張ってたら、なんだか自分って何なのかわからなくなってきちゃった。

 

そんな経験ありませんか?

そんな不安から抜け出して、別の世界に行きましょ。

 

いや、別の世界って引っ越しするとかそういうことじゃないですよ。そう言うことじゃなくて、見方とか考え方を変えていく感じの方が近いです。

 

なんかね、見方とか考え方をほんの少し変えるとなんか世界が変わってくる。世界が変わってくるっていうのは、関わる人が変わってくるってことです。

そういう不安を感じなくても良い人たちとのかかわりが増えていって、今まで気になっていた人たちとのかかわりが薄くなる。そうすると、あんまり気にならなくなっていくんです。関わる機会少ないし、あなた自身の見方も変わっているから。

 

そうなってくると、とっても穏やかで、幸せな感じがしたり、うれしいって感じることがすごく増えていきます。

 

なんかね、弱いところや苦手な部分があることがより人間らしくて、そこが魅力的だって思える世界に変わってくる。

 

あなたが今回この記事にたどりついたのも、きっとそんな世界にうつっていくきっかけだと思うんです。だから、これから変えていきましょ。

 

見方・考え方を変える。

まずは、見方とか考え方を変えてみましょう。

いきなりめちゃくちゃ変えるとかじゃなくてね、これから紹介することを「そういう考え方もあるんだな」って見てくれるだけで良いです。

 

それで、「なるほどな。」って思うことがあったら、あなたが不安になったり、イヤな気分になった時に思い出してみてください。

もしくは、あなたなりのこういう考え方を新しくひらめいていっても良いです。

 

「私、悪く言われてる。」「私、嫌われている。」そんな考え方から離れられれば良いのだから。そうすれば自然と違う世界に変わっていけるんです。

 

それでは、見方・考え方を紹介していきますね。

 

人はそこまで他人に興味持ってない。つまり、あなたのことも言ってない。

なんか言われているんじゃないかなって思ったりしますよね。でも、多くの場合があなたのこと悪く言っていません。多くの場合があなたの悪口とか言ってないんです。

 

人ってそこまで人のこと気にしてなかったりするんですよ。だから、実はあなたのことそんなに言われてないことが多い。

 

服装とかもね、自分が思っているほど他の人って自分のこと見てないんですよね。だから、「私のこと、何か言われているかも」って思うのってちょっとキツイ言い方をすれば自意識過剰とも言えるんですよ。

 

もしくは本当に何人かで言っていたとしても、それを思っている人ってわずかで、話を合わしているだけの人の方が多いです。

 

そこまで心配するほど、人は自分のことずっと考えてないってことです。みんな自分のことを考えているんです。

 

言う人は誰のことでも言っている。そういう人って思ってあげよう。

それでも、うわさ話って好きな人、多いです。人の話し勝手にするのって好きな人は本当に好きですからね。だから、あなたのことも何か言っているかも。

 

でもね、人のことを話すの好きな人は誰のことでも言っているんですよね。だから、あなたのことを言っているかもしれない人は、他の人のことも言っているんですよ。

そう、たとえば私のこの記事のことを知ったら私のことも何か言っているかもしれないってこと。

 

「あんな、わけわからんこと書いてる。」とか言われているかも。

 

まぁ、でも、そういう人は何に関しても言いたいんだと思うんですよね。

もしかしたらね、「人のことばっかり話しちゃう。」って自分のことを責めているかもしれないですよ。でも、もうどうしても言っちゃうとか。

 

良いんじゃないかな?言う人は誰のことも言う。それだけ。

あなたが嫌われているわけでも、悪いわけでもない。だから、そっとしておいてあげたら良いと思うんですよ。

 

悪口言っているってより感想を言っているだけ。どう感じるかは自由だからさ。

なんか陰で言われている…悪口だ…。って思うけど、実は言っている本人はそんなに悪気があって言っているんじゃななかったりすると思うんですよ。

「あの人、○○やけど、△△にした方が良いよね~。」とか思うときありません?そう、ただの感想。あなたのことを悪く言っているとかじゃなくてね。

 

まぁ、とりあえず、いないところで自分の話しされるのって良い気はしないと思うんです。

でも。誰でもみんな感じ方が違うから、「こうしたら良いのに!!」って思うことってあると思うんですよ。「これってやだな。」って思うこともね。

 

それを直接伝えないのってなんでなの?って思ってたんです。私。昔はね。

だから、直接本人に、どストレートに言ったりしてた。でもね、直接言われると傷つく人もいるんだって。そう、気がついたんですね。

 

いちいち言わなくて良いこと、言わない方が良いこともいっぱいあるんだって。それは心の中にとどめておくだけが一番良いのかもしれない。それでも吐き出したいことだってあるって、認めてあげても良いのかなって思うようになった。

 

だからね、言っている人がどう感じて、どう思っているかを表現しても良いんだって思うんです。それって自由であって良い。

 

直接言ってほしい。そんな風に思うかもしれないけれど、言ってもらわなくても良いのかなって。

あえて言ってもらってそれを気にするよりもね、あなたが「これが良い」って思うことをしたら良い。そうするのが一番良いって思うんです。

 

だから、他の人がどう感じるかは自由で、その感想をどこかで吐き出していても、「そう思うんだな」ってだけで良いと思うんです。

それであなたの価値が変わることはないのだから。

 

自分の弱い部分は自分の魅力的な部分でもあると気がつこう

あなたが気にしている、あなたの弱い部分ってね、あなたの魅力的な部分でもあるんですよ。

弱い部分…つまり弱点とか、苦手なことね。今まで成長していく中で、できなかったりよく怒られたりして、「自分ってダメだな」って思っている部分。

 

その部分って、弱点であり、短所でもあるかもしれないんですけどね。でも、その部分があるから、あなたらしさがあるんですよ。そう、強みにもなる部分ってこと。

 

何が言いたいかって言うと、こういうこと。多分、あなたは弱みがあるから不安を感じる。その弱い部分を責められているんじゃないかなって感じる。

実際、その弱い部分を「悪い」と感じる人もいると思うんです。でも、「そこが魅力だな」とか、「そこがこの人らしさだな」って受け止めてくれる人もいるんですね。

だから、あなた自身が、「ここが魅力で、私らしさなんだな」って思うことで、あなたの周囲にいる人が、そう受け止めてくれる人に変わっていくってことです。

 

あなたがあなたを受け入れることで、周囲もあなたを受け入れる人になっていく。

 

そうやって不安な気持ちになっている自分を愛おしいと思おう

他の人が何か言っていても、その人の自由って認めて、あなた自身の弱さも受け入れるとするでしょ?それでも、やっぱりなんだか不安な気持ちになることもあると思うんですよ。

 

頭ではわかっていてもやっぱ不安だって。そう思うことだってある。なんか怖いって。

そう思っていても良いと思うんです。さっきの項で行ったのと同じことで、それが弱さであり、あなたの魅力なんです。

 

だからね、そんな風になんだか不安な気持ちになってくる自分のことを「愛おしい」って思ってください。

「あぁ、やっぱリ不安だな…。でも、こういう、に不安になる自分がかわいいんだ。」ってね。ここが魅力のひとつって。

 

なんかね、そう思うと不思議と少しだけ、不安な気持ちが和らぐんですよ。ホッとできる。そうしたら、自然と不安な状況が改善されることが起きる。ほんとですよ。

 

他の人の弱い部分も、その人らしさだって見方で見てみよう

ここまで、あなたはあなたのことを認めてきたでしょ?さらに、他の人が何か言っていたとしても、それもまぁ良いじゃんって許してあげてきた。

 

そうすると、今度は他の人の弱い部分も、その人らしさだなって認めてあげてみてください。

まぁ、ここまで来たらそれって結構簡単なことなんですよね。人の弱さってその人らしさで、その人の一番愛すべきところなんですよ。と、私は思っています。

 

だからね、たとえば、「なんでやね~ん!!」って言いたくなるようなことが起こるとする。それこそ、陰口じゃないけど、文句のひとつも言いたくなるような。

 

それ、別に文句言っても良いと思うんです。「なんでやねん!!」って、文句言いつつも、なんだか許しちゃう…みたいな感じ。

「どないやねん!!」って言いつつ、まぁ、それも可愛いところやな…。って思う。

 

その時怒ったって良いし、文句言っても良い。でも、その人自体を否定するんじゃなくて、「まぁ、ここがこの人らしさ。」って思うんです。

 

多分なんですけどね、どの人も、長年生きてきて、自分の弱い部分なんてある程度わかっているんですよ。それで、自分を責めたことだってきっとある。

 

それでも、そういう人で生きてきたんですよ。だから、その人らしさでね、それを責める必要ってないと思う。

 

「なんでやね~ん!!」って突っ込みつつも認めながら、お互いに認めながら過ごしていける関係が良いじゃないですか。

 

あなたがそういう感じでいたら、周囲もそういう感じに変わっていくから。

 

もっと今のあなたをそのまま受け入れて、あなたが満たされることを行動にしてみよう

究極はね、「私なんか言われてるんじゃないかな?」って不安になっても良いから、そんなあなた自身を受け入れてほしいんです。

「こんな私だけど、こんな私だから良いんだ」ってね。これはこじつけとかじゃなくて、本当にそうなんです。

 

本当に、弱い部分も全部、まるっと「これで良いんだ」って思えるようになったら、周囲もそういう世界に変わっていくから。

 

でね、やっぱりすぐに不安を感じる時ってあなたの心があなた自身じゃなくて周囲に向いているときなのかなって思うんですよ。

だから。不安を感じたり他の人のことが気になってても良い。そのままで良いから、それを認めてしまうんです。

 

でね。あなたが満たされるようなことをするようにしてほしい。他の人のことを見ている状態から、あなた自身を見る方に変わっていってほしいんですよ。

 

どうやって満たしていくか。

それはね、まず、あなた自身のことを「このままで良い」って認めること。ここから始まるんです。

 

「私、このままで良い。」そう思うと、ちょっと満たされる感じがすると思うんです。それは、正しく言うと満たされたってより欠乏感がなくなったって感じ。

カラッカラの状態が普通になったって感じ。伝わりますかね?

 

そこから今度は満たしていくんです。溢れるように。

今のままでも良くて、すべて大丈夫。すべて大丈夫なら、どうしたい?

 

「どうしたい?」の答えは、今でなくても良いんです。なんとなく、どうしたいかなって思っているだけで良い。

 

「ここだ!!」って時に、「これがしたい!!」って思うものだから。

本当の気持ちっていうのは無計画に、急に「これがしたい」って思うものなんですよ。計画しようとするから、わからなくなる。

 

ただ、今のあなたに向き合って。今、わからないことは、今、わからなくて良い。

その瞬間、その瞬間のあなたに向き合って、その時のあなたを満たすだけ。そうしていれば他の人はほとんど気にならなくなっていく。

 

まぁ、気になることもあるとは思うけれど。でも、大丈夫だから。

 

結論。ちょっとだけ見方を変えて、受け入れる、満たす。世界が変わる。

結論。

人が自分のことを悪く言っているんじゃないかって不安になるときはね、ちょっと見方を変えてみてみるんです。

 

人って実はそんなに他の人のこと見てないし、そんなに考えてない。基本、自分のことを考えていることの方が多い。

 

しかも、何か人のことを言っていても、悪く言っているつもりはなくて、なんか感想を言っているだけって思っていたら良いです。

だれでも、「それって違うな」とか思うことってあるでしょ。みんな同じなんてことないし、同じじゃなくて良いんだし。

 

そして、あなたはあなたの弱みとか気にしてしまうこととかを、それが自分らしさで良いところだって認めてしまうんです。みんな同じだとつまらないでしょ?

人って弱さがあるから魅力があるんです。

 

他の人も「こういう人」って認めてしまって、あなたはあなたの方を見るんです。

あなたはあなたを満たすことを考えていれば良い。

 

それは欠乏感を埋めようとするんじゃなくて、「このままで良い」って思っているうえで、さらにどうしたいか、どうしたら満たされるかなって考えていくこと。

 

あなたが自分のことを見て、あなた自身を満たそうとしているとき、不安は感じないか、本当に小さなものになっていますから。

 

ぜひ、ためしてみてくださいね。

 

土出麻美(つちでまみ)

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小学生2人を子育て中の主婦です。 マイペース。 いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2017 All Rights Reserved.