2017/09/21

自分の道は自分で決める。「モアナと伝説の海」が教えてくれてること

 

この記事を書いている人 - WRITER -

小学生2人を子育て中の主婦です。
マイペース。
いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

詳しいプロフィールはこちら

ディズニー映画「モアナと伝説の海」のメッセージって、「自分の道は自分で決める」ってことだと思った話。

先日、家に帰ってくると、何やら映画鑑賞会が始まっていました。主人と子どもたちとでDVDレンタルしてきたようです。

 

帰ってきた時は妖怪ウォッチを見ていて、その後、「モアナと伝説の海」に。これ、映画見に行きたかったけど見なかったんです。いや、正しく言うと別のやつ見たんです。ドラえもんやったかな?

だから楽しみで。

 

見ていて繰り返し言われていると思ったのが、「自分で決める」とか「自分がそうした」と言うメッセージ。それがすごく心に残っていてね。

 

なので今回はそのことについて記事にします。ちなみに、日本語版を見た私の個人的解釈です。

ネタばれになるかもしれないので、知りたくない人は読まない方が良いかもしれないです。

 

「どうするのか」決めるのはあなた。「自分の道は自分で決める。」

モアナの伝説の海、ほんと良かったですね。ストーリーの中では何度も迷って自分の心と向き合うシーンがあったように思います。

 

モアナが自分の心と向き合ったり、マウイがマウイの心と向き合えるように話したり。最後はまさかのテフティと…でしたね。

 

最後も本当に良かった。なんか、もののけ姫とか、ジブリの影響受けているのかなって思う感じだったけど、良かった。映像もきれいだった~。

 

モアナが成長していく…

ストーリーは、海に選ばれた少女、モアナが世界を救うってストーリーですね。「危険だからダメ」と言われても海や冒険に心がひかれているモアナがかわいい。

 

村長として規則を守らないといけないのと、海に冒険に出たいという心の声に悩み、迷うんですよね。ストーリーのキーパーソンであるおばあちゃんはモアナ小さい時から何度も「心の声に従って動きなさい」というようなことを言っていますね。

 

結局、心の声に従って海に出ます。冒険の中で最初は「私は海に選ばれたから」と自分以外の所に理由を置いているんですよね。周りに頼ろうとしているし。

それが最後には、「海に選ばれたから」じゃなくて自分で決めて、自分の行動として世界を救いに行くんです。自分と向き合って、「海に選ばれたから」じゃなくて、自分がそうしたいからこの道を選んだ。だから私がするってなるんですね。

 

そこがすごく良い。「私が返す」そう自分で決めてしまったあとの強さ!!化け物かしてしまった女神をなだめる力まで発揮したし、半分人間で半分神であるマウイさえも心をなだめていましたね。

 

あのモアナ、ストーリーの中で「8歳」って言っているように聞こえるんですが、私の聞き間違いじゃないですよね?

8歳って、うちの下の子が誕生日来たら8歳になるんですが、ほんとに?!同じぐらいっていう設定なの?ビックリする!!

 

マウイの心の影と乗り越える勇気

半分が人間で、半分が神のマウイ。とっても不思議な人です。最初から自身たっぷりに見えるマウイには実は弱さがあるんですよね。

 

人のためにいろんなことをしてきた。弱さを隠すため。人から認められるため。でも、それはほんとは自分の自信のなさを隠すため。なぜか神に拾われて神になった。でも、自分は人から愛されていないって言う自身のなさがあったんですよね。

 

マウイの弱さは人間らしさ。でも、モアナの言葉でマウイは気がつくんですよね。神の力を持った釣り針を手に入れたのは何か理由があったかもしれない。でも、それを手に入れたからじゃなくて、マウイになったのは、マウイが選んだことだから。

 

マウイは釣り針がなくてもマウイだって負うことができるようになるんですよね。あのシーン好きです。「マウイになったのは、あなた。」って言うシーンね。もう、泣きそうになる。

そう、釣り針がそうしたんじゃなくて、自分で自分の生きる道を決めてきたんですよね。

 

だから、マウイは釣り針が壊れたって良いって向き合うことができるようになる。

 

なんだろう…。あぁいう、人の弱さが見えるのってたまらないですよね。人って弱さがあるから美しいんだと思う。ほんと。

 

ちなみに、経験したことが自然と刻まれる、マウイの身体のタトゥーは私的には喉神に刻まれる経験が表現されているのかなって思います。そして、マウイのタトゥーの中で動いている小さなマウイは、マウイの中になる本当のマウイの心なんじゃないかな。

 

だから、マウイの身体のタトゥーには心の中のいろんな側面が表現されていると思っています。それらがすべて統合されて、今のマウイができている。

 

それは、マウイだけのことじゃなくて、みんな心の中に同じことがおこっているはず。

 

すべては自分が信じた結果

もうすぐクライマックスってシーンで、モアナとマウイが喧嘩するんですよ。モアナはマウイのせいでこうなったって言うんですけどね。マウイはモアナがこう信じたからこうなったって言うんです。あそこ、好きなんですよね。

 

あれ、どっちもそうなんですよね。結局、自分が信じて起こした行動が原因でそれが起こっているんですよね。すべてにおいてそうなんですよ。

 

きっかけは何かあったかもしれない。でも、そのきっかけがあって、自分がそこで選択した結果が原因なんですよね。何か他のもののせいじゃなくて、自分がどう捉えたか、それが原因なんですよ。

つまり、あなたが選んだことの原因が今につながっているってことなんですけどね。そういうメッセージがたくさん詰まっていてとても良かった。

 

最後はバケモノにまで「どうするのかはあなたが決めるの」みたいなこと言っていましたよね。言い回しは違うかったかも。

 

ここまでに書いてきた以外にも、モアナの父親の心の影とかもありましたね~。

 

結論。私が決めて来たことで今がある。これからも、私が決めたことが道になる。

私ね、今、どうしてもわからないことがあるんですよ。どう考えたっておかしいって思うこと。

 

それは例えば、モアナがなんで海に選ばれたのかわからないみたいに。マウイが何で神々に拾われたのかわからないみたいに。

…まぁ、もちろん内容は違いますよ。そんな、大いなるものみたいなのに選ばれたとかじゃなくて。

でも、どう考えてもなんでだろうってわからないこと。

 

それでもね。結局、私が選んできたから。だからこうなっているんだって、それだけは変わらないこと。絶対なんですよね。私が選んだこと。私が決めて、選んできてできた道。これだけは間違いないなって思うんですよ。

 

そして、今からもこれからも、私がどうするか決めて創っていく道なんだなってこと。これだけは絶対変わらないこと。

 

なんかそれを再確認できた映画だなって思いました。

 

自分が決めたことをやるにはそれなりの覚悟だっている。そう、何をするんだってそれなりの覚悟はいる。でも、やるぞって決めることってほんと大切なんだなって思います。

ただ「こうしよう」って思うだけじゃなくて、腹の底で決めるんですね。

 

周囲のせいにするんじゃなくて、「自分はこうするんだ」って腹の底から決めるってことは、それなりの覚悟が必要になることの方が多いんだ。

それから逃げることも、別に良い。でも、自分の心は何を求めているんだろうってことに気がついていることが大切。

 

本当の心が求めていることを覚悟を決めてするのか、なんとなく逃げて過ごすのか。それはどっちを選んでも良いこと。どっちが悪いってないから。

 

とにかく、私がどうするか。私が決めたことで私の道ができる。

 

そう、あなたも。あなたが決めたことであなたの道ができる。あなたは何を選択して生きますか?

あなたの決めた道が、あなたの満たされる道でありますように。

 

土出麻美(つちでまみ)

 

 

 

 

「悩んでいることがあるけど、誰に相談したら良いのかわからない…」

そんな悩み、ありませんか?ゆっくり相談できる場所を作ってみました。

あなたの悩み、聞かせてね。

のぞいてみてね。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

小学生2人を子育て中の主婦です。
マイペース。
いろいろ考えたり自分なりに細かく分析してみようとしたり、妄想したりすることが好き。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2017 All Rights Reserved.