自分に自信が持てなくても、自分らしく思うままに生きよう。

書籍『人生は思い通り!マンガでわかる「引き寄せ」の法則』を読んで感じたこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。ウサギが好き。一人でぼーっとするの好き。 2018年4月から義母との同居も開始。 社会福祉士の国家資格を持ち、福祉施設で支援相談の仕事をしていたが今は方向転換。結婚出産で自身が悩んだことと現役時代の相談経験をもってお悩み解決ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

本の紹介

 

題名:人生は思い通り!マンガでわかる「引き寄せ」の法則

著者:奥平 亜美衣

発行:永岡書店

 

この本は2015年8月17日に発行された奥平亜美衣さんの書籍です。マンガでのストーリーと文章の両方から構成されていて、普段あまり本を読まないような人にも読みやすく、イメージされやすくなっている本です。

前回に感想を書かせていただいた『「お金の引き寄せ」の授業』という書籍が発行された日から結構すぐに出された本なのですね。

 

スポンサーリンク
   

実際の行動へと結びつけやすい

この本はマンガでストーリーが入れられているため、ものすごくイメージがしやすい本でした。もちろん、活字で読んでいてもイメージはわくのですが、ストーリーにされていることでもっとはっきりとイメージができることが印象的でした。

ただ、「引き寄せ」について汁ということだけでなく、ストーリーに入り込んでマンガ自体を楽しむことができるので出てくるクライアントに感情移入して思わず自分まで泣きそうになってしまったりすることがありました。

そして、一番驚いたことは、「いいことノート」を書くことなど、活字だけの書籍の場合は読んでいてもさらっと流してしまっていたことが改めて「実行してみよう」と現実的に考えていくことができました。

それまでの書籍で読んでいて知っていたはずなのに、なんとなく流してしまっていたことが自分自身が思っていたよりも多いことに驚いたのでした。

ストーリーになっているので自分に置き換えてみて「自分だったらどうかな?」と意識することができるのですね。

ですので、実際にどう行動していくことが良いのかを明確に理解することができて、意識して行動に移していくきっかけにしていくことができるのです。

 

それと、私自身が本を読むときに同じ人が書いた本を読んでいると嫌になってくることがあるのですが、この奥平亜美衣さんの本に関しては、これで3冊目だったのですがそういうことがなく、それどころか、読んでいると自然と心が明るくなってくるのです。

モヤモヤした気分だった時に読んでも、心が晴れてくるような感じがするので、「奥平亜美衣さん」という作家さんの書く文章の良さをよく感じることができました。

文章の中で、「こうするべきだ」という強い主張がたくさん載っているわけではなく、「あなたのできる範囲で、あなたの心地よいを選ぶ」という主張が良いのですね。本当に無理がなく自分自身が「心地よい」と感じることを選ぶことができるので、しんどくなってきたり「なんだかイヤだなぁ」と暗い気持ちになった利することがないのでしょう。

その考え方自体が「引き寄せ」の法則の本質であり、それを勧めている奥平さん自身が無理したりしていないからできることなのでしょうね。

だから、普段多くストレスを抱えている人やいろんなことを我慢してしまう癖があって疲れてしまっている人にはちょうど良い本だと思います。

そして、そんな風に無理のない感じだから、「なんだかよく分からないけど自分にもできそう」という感覚が生まれて、そこから引き寄せが自然と起こってくる流れになるのでしょう。

 

気楽に読めて楽しめる、良い本だと感じました。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。ウサギが好き。一人でぼーっとするの好き。 2018年4月から義母との同居も開始。 社会福祉士の国家資格を持ち、福祉施設で支援相談の仕事をしていたが今は方向転換。結婚出産で自身が悩んだことと現役時代の相談経験をもってお悩み解決ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2016 All Rights Reserved.