自分に自信が持てなくても、自分らしく思うままに生きよう。

生きることに疲れた…すべてが面倒くさいと思う毎日を抜け出す方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。ウサギが好き。一人でぼーっとするの好き。 2018年4月から義母との同居も開始。 社会福祉士の国家資格を持ち、福祉施設で支援相談の仕事をしていたが今は方向転換。結婚出産で自身が悩んだことと現役時代の相談経験をもってお悩み解決ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

「なんだか生きることに疲れちゃった…」そう思ったこと、あなたはありますか?

 

私はあります。

 

そんなネガティブなこと考えるなんて信じられないって思われるのかもしれない、でも、意外とそんな風に思ったことある人っているんじゃないのかなって思いますよ。

 

だって、やっぱり思い通りに行かなくて悲しくなったり、なかなか怒ることを受け入れられなくて逃げたくなったりすることってあるんだもの。

 

特に、一生懸命頑張っているのにうまくいかなくて、イヤなことばっかり起きる時とか。誰だって経験あると思うんですよ。

 

そういう時、どんな風に考えるかは人それぞれなんだろうけれど、「なんか、もうやだ!!」ってなるときってきっと誰にでもあると思う。

 

こんなにつらいの、誰にもわかるわけないって一人で苦しんで…。

 

本当はそういうの抜け出して前向きに楽しめたら、それが一番良いのだろうけれど、前向きになれない!!そういう経験、多くの人が体験するんじゃないのかなって思うんです。

 

そこからすぐに抜け出せる人もいればなかなか抜け出せない人もいる。

 

それはただの個性の違いなだけで、なかなか立ち直れない人がおかしいわけじゃない。

 

そんな、今がつらくて「生きることに疲れた…」「もう、何をするのも面倒くさく思える…」そんなあなたに伝えたいことを記事にしました。

 

 

もう生きることに疲れた…。すべてがめんどくさくてやる気になれない…。そんなあなたに伝えたいこと

なんだかもう、疲れちゃったな…。いやになっちゃった…。というように思うことは誰にだってあります。

 

なんだか、ネガティブな感じがするし、こんな風に思うのっておかしいのかなって思ったりとか、そんな風に思うこと自体が「自分っておかしいんじゃないかな」って悩んだりしてしまうと思うんです。

 

でも、意外と誰にでもそんな風に思ってしまうことってあるんですよ。

 

人の心って意外と少しのことで調子を崩してしまいがちで、「そんな風に思うことないよ」ってアドバイスする人だって、いつ、そんな風に思うようになるのかってわからない。

 

「もう疲れちゃったな…」って思うことは特別なことじゃない。

 

それがおかしいんじゃないかなって不安になって、もっと怖くなっていくことの方が心配なんじゃないかなって思うんですよね。

 

誰にでも心が弱くなってすべてが嫌に思えることがある

誰にでも心が弱くなることはあるんですよ。人に言わないだけで。つらくなって「もう嫌だ」ってなることだってある。

 

私は、高校を卒業して福祉関係の専門学校に行ったんですね。3年制の学校を出て、21歳で福祉関係の施設に就職しました。

 

そこで、はじめて担当の利用者さんの家族さんから電話で相談を受けたんです。その内容が、その利用者さんのお姉さんがリストカットした…という内容でした。

 

21歳ではじめて就職して、はじめての相談がリストカット…ですよ。ディープ…。

 

こんな21歳、相当珍しいだろうなって思います。でも、福祉の現場って結構、生活…というか生きることに密着しているので、すごく濃い内容に触れる機会が多かったりするんですよね。

 

人って、強いようで意外と弱い部分もいっぱいある。

 

みんなそれぞれにいろんなことに悩んだりしながら、それでもその人その人、それぞれの壁に立ち向かいながら生きてる、と思う。泣いたり笑ったりしながらね。

 

でも、本当はそれが人間という生き物の美しさでもある。

 

 

ふとしたきっかけで「生きるのがつらい」という気持ちが浮かび上がる

心が弱くなってしまって「もう疲れたな…」って思うことってふとしたきっかけで起こるんですよね。

 

ちょっとした我慢が積み重なっていつしかすべてが嫌になってしまったりとか。

 

なんか、もう、起こってくる出来事のすべてが良いように捉えられなくなってしまったりする。そんな風に弱ってる時って、子どもの頃についた心の傷も出てきて、いっそうこじらせてしまったりね。

 

環境の変化が怖くなったりとか。期待していたことと違いすぎていて…とかね。

 

私の場合は、結婚がきっかけでした。幸せになるはずの結婚、すごく楽しみにしていたはずだったのに…それは期待していたものとは違っていて、そこから少しずつ狂い始めて、子どもが生まれてからはもっと影を落とし始めました。

 

欲しかった子どもができて、もっと幸せになるはずだったのに…って感じでね、どんどんしんどくなって、何もかもがもう嫌だなって思うようになりました。

 

新しい環境になれるのに大変だったのと、自分を犠牲にしてる感じが強かったのと

結局、新しい環境になれることが大変だったのと、自分を犠牲にしている感じが強かったんですよね。

 

結婚するために仕事を辞めた…とか、住み慣れていて大好きだった地元を離れた…とか。

 

結婚して幸せになるために、私は自分のものを失ったって言う感覚だったんですよね。失ったけど、期待するような生活は待っていなかった。

 

失っただけ…みたいな、ね。

 

子どもも、産んで幸せだった。でも、やっぱり子どもを優先にして、自分を犠牲にしないといけないような気分になっていて。それで、自分って何なのかなぁって思うようになっていったんですよね。

 

いわゆる「産後クライシス」ってやつもあったのかもしれません。

 

それにちゃんとした母親になれるかも不安だったから。

 

小さいころからボーっとした子だったんですよ。できないこともいっぱいあった。だから、良く怒られてたし、自分ってそのままじゃダメだって思っていたんです。

 

ずっと「そんなこともできないのか」って言われていたし。

 

だから、ちゃんと母親になれるか不安でこわかった。

 

その恐怖感から、心はどんどん不安定になって、とにかく逃げたいって思っていて、人生が早く終われば良いって思っていました。

 

「もう疲れたなぁ…」ってよく言っていました。

 

そう、誰だってそんな風になることはある。怖くて、逃げ出したくて、もう嫌だなぁってなることって。

 

でも、本当はいっぱい笑ったり、楽しいって思える毎日が送りたいんです。

 

でも、「疲れた」と感じているときは、笑って過ごせる毎日がすごく遠い気がする…。

 

 

「生きることに疲れた…」そう思う毎日。それはふとしたきっかけで、誰でも抜け出せる

そんなつらい毎日だったんですが、それはふとしたきっかけで抜け出す一歩となりました。

 

私の場合、一番心が楽になったのは、たまたま脳動脈瘤が見つかったんですよ。脳動脈瘤とは破裂したらくも膜下出血になるやつです。

 

「な~んだ。心配しなくてもそんなに長生きしないじゃん。」って思ったのがきっかけです。

 

そこからは少しずつ変わっていきました。

 

気持ちが楽になるきっかけがあってもそれで一気に良くなるわけではなく、その後も結構苦しい日々が続いていました。

 

それで、チャネリングを受けたり習ったり、ヒプノセラピーを受けたり習ったりしたんですね、それはちょっとずつ変わったかなぁって感じで。いろんなことをしました。

 

つまり、きっかけがあると抜け出す行動をすることができるようになるっていうことですね。

 

結局、一番大切なのは自分を認めることだった

いろいろしてみたんですけどね、結局、一番大切なのは自分を認めて受け入れることでした。

 

難しく言うと、自分を肯定するってことかな。

 

結局、チャネリングにせよ、ヒプノセラピーにせよ、他のいろいろ言われているものも、ぜーんぶ、根本は自分を肯定することなんですよ。

 

だから、方法は実はなんでも良いんじゃないかなって思うんですよね。

 

自分を肯定することが幸せにつながること。

 

過去も、現在も、未来も。すべを受け入れて肯定することで変われる…というか自然と変わっていくんだと思うんですよね。

 

ヒプノセラピーとか、それ以外のものでも、何か方法を取得するからとか、何かしたから変わるんじゃなくて

 

スポンサーリンク
   

どんな自分も受け入れて、認めることが「生きることに疲れた」を抜けだす方法だった。

結局、自分を認めて受け入れることが一番大きなポイントだったんですよ。

 

ほかのことはその方法だったり、もしくは自分を認めていることが土台にあっての、その先の話し。

 

だから、あなたが今の苦しさから抜け出していくためにはあなたがあなたのことを受け入れること。それが一番。

 

今の自分がダメだって思っていませんか?

あなたは今の自分がダメだって思っていませんか?

 

今、つらくなっていて、いろんなことをネガティブに捉えてしまっているあなた自身のこと、ダメだって思っていませんか?

 

全然ダメじゃないんですよ。

 

誰だって、ダメになるときもあるし、ダメな部分もある。

 

ダメな部分があって良いんですよ。あえて言うなら、そういう、ダメな部分があるからこそ、人って良いんですよ。

 

今、ダメダメな自分、最高!!って思えること。

 

それが一番だと思っています。

 

 

ダメな自分とも一緒に生きていくこと

私は、ダメな自分とも一緒に生きていくことを選びました。

 

なんかいろいろあるじゃないですか、自分を変える方法とか。手放すとか。そういうのじゃなくて、ダメな自分と一緒に生きていくんです。

 

何もできなくて、怖がりで、おびえてばっかりの私と生きていく。

 

そういう、ネガティブな部分って言うんですか?そういうの手放さないといけないって巷では良く言われています。

 

確かに手放した方が良いのかもしれない。でも、私は自分のそういう部分も私だって認めて、いっしょに生きていっても良いと思う。

 

だって、そこだけダメって切り捨てるのってなんだか寂しいじゃないですか。

 

それも自分の大切な一部なんだから。

 

だから、しょっちゅう怖くなってビビったりしてるし、ふとスイッチが入るとトイレとかでこっそりと「ぶぇぇぇ~」って泣いたりしています。

 

そういう弱い部分も私で、そういう部分を捨てようとしないで一緒に生きていくことも良いと思うから。

 

そして、私はこの方法で、私なりにのんびりと喜んで笑ったり泣いたりしながら、それなりに楽しく生きているんですね。

 

これで良い、いや、これが良いって思っているから。

 

だから、「こうこんな自分なんてイヤだな」って思わないし、ちょっと思うことがあっても「良いやん」って思えるようになった。

 

そうすると、「もう、すべてがつかれた…」みたいに思うことはなくなりました。

 

なんか、面白いことが起こることが増えた(笑)。

 

自己評価だって低いまんま。

 

それでも、褒められたらうれしいし、「ダメかな…」ってビビったりもしています。

 

でも、なんだろう?

 

こんな風に自分でこのまんまでいいやって思うようになってからの方が、そのままでも周囲の人たちも認めてくれる人に囲まれるようになったように感じます。

 

だから、私って幸せ者だなぁって思えることが増えた。

 

結局、周りの人なんて言うのは自分が自分のことをどう思っているかによって変わるものなんですよね。

 

だから、無理している自分でいると周囲の環境も無理していないとダメなんじゃないかな?

 

自己評価が高くないと成功できない?

「うまくいかないのは自己評価が低いからだ」とか、「自己評価が高くないと成功できない」って言うことを良く聞きます。

 

すっごく成功している人がそう言っているから、きっとそれも正解なんだろう…と思う。

 

でも、逆に、「自己評価低くたって、これが私の良いところだ!!」って、そんな自分のことも認めてしまったら、それもうまくいくようになるんじゃないのかなぁって思うんです。

 

なんか、「そんなの開き直ってるだけだ」って言われるかもしれないけれど。

 

ひらき直っているって言えばそうなのかもしれないけど、ちょっとニュアンスが違ってて、そんな自分をそのまま受け入れるんですよ。

 

自己評価が低いことをネガティブに捉えない…みたいな。

 

そうしたら逆に、それもプラスに変えることができて、一周まわって逆に成功しちゃう、みたいな、ミラクルが起こるんじゃないかって思うんですよね。

 

「ミラクルが起きる」っていうのって、もしかしてもう古かったりしますか?私、あんまりわからないんだけど…。

 

じゃあ、「奇跡が起こせる」って言うことにします(笑)

 

まぁ、そんなわけで、自分ってダメダメだぁ~って思って自分のことを責めたりしちゃってても、そのままの自分ですごい奇跡が起こせるんじゃないかなって思うんです。

 

だから、無理して自分を変えようとしなくて良いんですよ。

 

「私、ダメダメだぁ~。でも、そこも良いところ!」で奇跡を起こそうよ

「私、ほんと何もできなくてダメダメだ~。でも、それが良いところ!」って思うことでネガティブがポジティブに変わって奇跡が起こるんですよ。私はそう思う。

 

実際、私は特に何もできない普通の人…というか、普通の人よりちょっと変わった人なんですが、奇跡が起こり始めているように思います。

 

だって、今、あなたがこの記事を読んでくれているように、結構私のブログって読んでくれている人がたくさんいる方なんですよね。

 

すっごくたくさんあるネット上の情報の中で、検索すると結構上位の方に表示されるようになっていて、自然に人が見に来てくれるようになっているんです。

 

特に何もできない平凡な人間の私が、何か起こせるんじゃないかって思える奇跡。

 

そう、あなたも一緒に奇跡を起こそう!

 

 

あなたもあなたのことを認めて受け入れてみて

あなたも、あなたのいろんな部分を受け入れてみてください。「こういう所嫌い」とか、「こういう所イヤだ」とかあるかもしれない。そういう所も悪くないから。

 

もしかしたら、何か悪いことをした気持ちで罪悪感を感じている部分があったり、できなくて悔しいところがあったり、人がうらやましくて、泣けてきちゃうようなこともあるかもしれない。

 

でも、そういう所があるからこそ、人間らしいんですよ。

 

弱い部分、ダメな部分があるから、人ってその人の魅力が生まれるんだと思うんです。

 

良いところだけが魅力じゃないんですよ。良いところだけが魅力なんだったとしたら、それってただ都合が良いだけなんじゃないのかなって思う。

 

 

それでも自分のことが認められないと思うのなら

もしも、今この記事を読んでいても、「自分のことなんて認められない」とか、「イヤな部分はやっぱりイヤ」と思うのなら、それはそれで良いですよ。無理しなくて良いです。

 

でも、代わりに私があなたのことを認めて受け入れます。

 

人って弱い部分、ダメな部分、それがあるからその人の魅力があるんだと思う。だから、私が、あなたのどんな部分もあなたの魅力だって認めます。

 

たくさんあるネット上の情報の中で、あなたが今、私の記事を読んでくれていることも、きっと何かの運命だから。

 

きっと、確率にしたらものすごい小さい確率でしょ?

 

そんな、すごい確率で見つけてくれて読んでくれているんだから、きっと運命的なものがあるんですよ。

 

だから、私があなたはそのままで魅力的だって認めるから、忘れないでください。

 

きっとこれが一歩目になって、ほんの少しずつ、わからないうちにいろんなことが変わっていくから。「気がついたら、こんなに変わってた!!」ってなりますよ。

 

 

「なんか生きることに疲れたな…」を抜け出す方法は。

「なんか疲れたな…」とか「もう面倒だな…」って思ったりすることがあったら、この記事のことを思い出して、ここに来てください。

 

とりあえずいろいろ考えないといけないことは、ちょっと置いておいて良いから。

 

ここに来て、また記事を読んでみてください。コメントとかメッセージをくれても良いし。

 

あなたが認められて受け入れられる場所があるって思い出して。

 

それで、気持ちが少し楽になったら、全然違うこととかして気分転換とかしたって良いんですよ。

 

楽しくなってきたら、「こんなダメな部分がある自分も良いのかもな」って思ってもらえたら嬉しいな。

 

そうして、今「ダメな自分」と思ってしまっていることも、「これが自分らしくて良い」って思えるようになれたなら、もっと嬉しい。

 

あなた自身をあなたが認めて受け入れることが、「生きることに疲れた…。すべてが面倒くさい」と思ってしまう毎日を抜け出す方法だからです。

 

 

土出麻美(つちでまみ)

 

 

フグ釣りました。大久野島にて。

目があいてないですよね…。

 

余談ですが…

ネットとか見てたら一般人でもかわいい人、きれいな人、いっぱいいますよねぇ…。そんな中、私って全然だなぁって思うんですよね…。

 

でも、まぁ、これが私。ってことで最近だんだん開き直ってきました。

 

写真は、先日広島県の大久野島に行ったときの釣りのときのです。記事途中の写真はよく利用しているサイト、「ガーリードロップ」さんの写真です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
主婦。小学生二人の母。ウサギが好き。一人でぼーっとするの好き。 2018年4月から義母との同居も開始。 社会福祉士の国家資格を持ち、福祉施設で支援相談の仕事をしていたが今は方向転換。結婚出産で自身が悩んだことと現役時代の相談経験をもってお悩み解決ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クリエイト マイ ライフ|土出麻美-公式サイト , 2017 All Rights Reserved.